×

所有サイトのチェック時にadsense広告の誤クリックを防止する方法

2015年10月19日 WEB

クリック禁止

所有しているウェブサイトにadsense広告を掲載しているというサイト運営者も多いと思います。

サイト運営者が自分のサイトのadsense広告をクリックすることはadsenseプログラムポリシーで禁止されています。しかし、サイトの表示や動作確認をしていると誤ってadsense広告をクリックしてしまうことはありえます。

いわゆるadsense広告の誤クリックです。
今回はadsense広告の誤クリックを防ぐ方法を取り扱います。

adsense広告を自分で誤クリックするとどうなる?

一昔前だと自分の所有しているサイトのadsense広告を自分でクリックすると即広告配信停止になるなど、厳しい対応がとられていました。

最近ではAdSenseヘルプにもあるようにadsense広告を自分で誤クリックした際は、基本的にgoogleに対して報告などを行う必要が無いとあります。誤クリックは仕方ありませんが、故意的なクリック(不正クリック)は絶対にしてはいけません。

adsense広告の誤クリックを防止する方法

繰り返しますが、誤クリックに関して、googleへの報告は必要ありません。
それでも、「もし自分で広告をクリックて広告配信が停止されたらどうしよう…」という心配性な方や、広告をクリックしてリンク先を確認したいという方がいると思います。

次の方法を実践してみてください。

PHPで特定のIPからのアクセス時に広告を非表示にする

一つは特定のIP(自分のIP)からアクセス時に代替テキスト・代替画像などを表示させて、それ以外はadsenseを表示させることで、サイト確認時に誤クリックを防ぐ方法です。

if($_SERVER["REMOTE_ADDR"] == "123.123.223.00"){
    echo "現在利用しているIPでアクセスした場合adsenseを非表示にしています";
}else{
    
}

上記コードをadsenseを設置している場所(したい場所)に記述します。
上記コードでは、自分のIPでサイトへアクセスした場合は”現在利用しているIPでアクセスした場合adsenseを非表示にしています”というテキストを表示させて、それ以外は通常通りadsense広告を表示させるようになっています。

そもそも自分でアクセスした際にadsense広告自体をサイト運営者自身による広告表示や誤クリックを防止することが可能です。

※この方法のデメリット
特定のIPアクセス対応を行うと、別のIPからサイトへアクセスしないと正しく広告が表示されているかが確認できません。
また、ポケットwifiなどはIPが変わることがあるので、IPが変わるたびにIPの記述を修正する必要があります。

Chromeの拡張機能(プレビューツール)を使用する

そもそもgoogleanalyticsのようにadsenseの設定でIP指定で広告の表示をブロックできないのでしょうか?

Adsenseヘルプの”自分やサイト訪問者の IP アドレスをブロックする”という項目に下記のように記載してあります。

IP アドレスはさまざまなソースから割り当て可能であり、IP アドレスをブロックすると有効なクリックもブロックされることが考えられるため、Google ではサイト運営者様から提供された IP アドレスをブロックすることはできません。

広告のリンク先を確認したり、フィルタ リストに追加する目的でサイトの IP アドレスをブロックする場合は、代わりにプレビュー ツール(Ad Review ツールバー)を使用されることをおすすめします。

Adsenseヘルプ

つまり、現状ではadsenseでIPによる広告ブロックはできないということです。
ただし、Chromeの拡張機能(Google Publisher Toolbar)を利用すれば、adsense広告のリンク先を安全に確認でき、誤クリックの防止にもなります。

Google Publisher Toolbarのダウンロードを行い、Google Publisher Toolbarを立ち上げて、所有しているgoogleアカウントでログインし、GoogleAdsenseを有効にします。

Google Publisher Toolbarの広告オーバーレイ機能を使うことでadsense広告をクリック防止できます(広告をマウスオーバーすると緑色に覆われてクリックできなくなります。)

また、広告オーバーレイ機能を有効にした状態でadsense広告をマウスオーバーすると、ブラウザの右上にGoogle Publisher Toolbarの枠が出てきて、adsense広告のリンク先URLを確認することができます。

まとめ

いかがでしたか?

adsense広告の誤クリックについてはそこまで敏感になる必要はありませんが、より確実に誤クリックを防ぎたいという方は今回紹介した方法を試してみてください。

関連記事