×

GoogleAnalyticsでアクセス解析【チャネルの基本編】

2015年9月22日 WEB

ウェブサイト運営にあたり、今やGoogleAnalyticsは欠かせないツールです。
MIGOブログでも、もちろんGoogleAnalyticsを利用していますが、GoogleAnalyticsで使用されているワードの中で意味をよくわかっていないものも少なくありません。

今回は、GoogleAnalyticsでのアクセス解析で基本中の基本となる、チャネルについての基本知識を一通り把握していこうと思います。

チャネル(サイトへの流入経路)

GoogleAnalyticsへログインして、左のメニューで
集客 > すべてのトラフィック > チャネル
を選択すると、デフォルトチャネルという項目を見ることができます。

チャネルとは手段、経路などの様々な意味を持っていますが、GoogleAnalyticsでチャネルはサイトへの流入経路のことを指します。

デフォルトチャネル一覧

  • Organic Search(オーガニック検索)
  • Direct(直接アクセス)
  • Social(ソーシャルメディアからのアクセス)
  • Referral(他サイトからのアクセス)
  • Email(メールマガジンからのアクセス)
  • Paid Search(検索連動型広告からのアクセス)
  • Display(ディスプレイ広告からのアクセス)
  • Other Advertising(その他)

各チャネルの種類と意味

GoogleAnalytics上で定義されている各デフォルトチャネルの詳細を説明します。

Organic Search(オーガニック検索)

いわゆるオーガニック(自然)検索からの流入。Google、Yahoo、Bingといった検索エンジンの検索結果からの流入を指します。

サイトへの流入の多くはOrganic Searchが占めています。

流入元となる主な検索エンジン
yahoo、google、bing、rakuten(楽天検索)、search.smt.docomo(Docomo検索)、auone(AU one検索)、biglobe(BIGLOBE検索)、goo.ne(goo検索)、babylon(babylon検索)ほか

検索エンジンの種類、結構ありますね。

Direct(直接アクセス)

Directはダイレクトなアクセス、つまりブラウザに直接URLを入力、ブックマーク、ソフトウェア上のサイトリンクなどからのアクセス(流入)を指します。

Social(ソーシャルメディアからのアクセス)

Twitter、Facebook、mixi、はてなブックマーク、Google+などのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)上のリンクを介した流入経路です。Socialの数がカウントされていれば何かしらのSNSでシェアされて、そこから流入があると考えられます。

流入元となる主なSNS
Twitter、Facebook、mixi、はてなブックマーク、Google+、Feedly、Pocket、グノシーほか

こう見ると数年でSNSの種類もだいぶ増えましたね。

Referral(他サイトからのアクセス)

Referralはリファラーもしくはリファラと呼ばれ、Organic Search、Social以外の他サイト(ブログ、メディア)からの流入を指します。

最近ではサイト管理者をターゲットにしたリファラースパムが増加しており、サイト管理者ーとスパマーの戦いが続いています。

トラフィック上昇サイト管理者を狙うリファラースパムに要注意!具体的な対策はあるのか?
2015年に入ってからサイトへのリファラースパムが目立つようになりました。これが腹立んですわ~(`Д´)

Email(メールマガジンからのアクセス)

メールマガジンに掲載されているURL経由での流入を指します。ただし単にURLをメールに掲載するだけでは参照元なし(ノーリファラー)で計測されてしまいます。
メールマガジンからの流入を計測したい場合は、ダミーパラメータを設定する必要があります。

Paid Search(検索連動型広告からのアクセス)

検索連動型広告、リスティング広告からの流入を指します。

Display(ディスプレイ広告からのアクセス)

主に画像・Flash・動画による広告からの流入を指します。代表的なものはバナー広告が挙げられます。

Other Advertising(その他)

Paid Search、Paid Search以外の広告経由での流入を指します。

まとめ

GoogleAnalyticsのチャネルの意味を把握しておけば、何の媒体から流入があり、どのくらいのアクセスがあるのかを理解して、サイト運営に活かすことができます。

関連記事