×

ブログ記事を書くモチベーションを上げる方法

2016年11月13日 雑記

ブログ記事へのモチベーション

ブログ記事を継続して書き続けるのは結構難しいもので、MIGOブログも更新頻度に波があります。

この記事を書く2、3ヶ月前はすっかりブログ記事を書くモチベーションが下がりきっていました。
「このままだとダメだ」と思い、どうしたらモチベーションが上がるかを考えました。

実際にモチベーションを上げる(多分上がった)方法をご紹介します。

収益を上げてるっぽいブログを見て刺激を貰う

月間○○PV、adsense収益××円、アフィリエイト△△円みたいな感じで「収益報告記事」を公開している個人ブログを見かけませんか?

僕はこのような個人ブログを見て、モチベーションを上げています。
「このぐらいのサイトがこれだけ稼いでるんだ」、「このくらいのサイトになればこれだけ稼げる可能性があるのか」という希望がわいてきて、モチベーションの向上につながります。

「結局金の話か」と思う人もいるかもしれませんが、お金は大事です(切実)
当然、世の中お金がすべてではありませんが、モチベーションを上げる一つの要因としては十分ありだと思います。

正直、個人ブログでの収益報告は信憑性が薄いものが多いので、信じるか信じないかはあなた次第です(都市伝説風)。

自分のブログのアクセス・アフィリエイト収益の推移を見る

もし、自分の運営するブログがある程度アクセスや収益がある場合、自分のブログのアクセス・アフィリエイト収益の推移を見て、ブログの成長度合いを見てモチベーションを上げます

例えば、「先月に比べて今月の月間PVが減少した」、「毎月収益が上がっている」という状況なら「来月はもっと記事を書こう!」というモチベーションの向上につながります。(記事を書きまくればいいというわけではありませんが、ブログ記事を書くモチベーションを上げるという意味では有効だと思います。)

立ち上げたばかりのブログのほとんどはは初めのころは全くアクセスが無いので逆にアクセス推移とかを見るとモチベーションは下がってしまうかもしれません。

Web技術の勉強だと思って書く

MIGOブログではWebの技術系の記事を書いているのですが、Web技術系の記事を勉強だと思えば、モチベーションが上がります。

Web技術の知識を得られて、かつブログの成長にもつながるので、まさに一石二鳥です。

しかし、MIGOブログに限っては動作確認のサンプルページを用意することが多いので、記事を書くのに割と時間がかかってしまうのが難点です。

カフェやコワーキングスペースなどのブログ記事を書かざるを得ない状況に身を置く

自宅だと何に対してもやる気が無くなるタイプの人がいます(僕です)。

そういう人は、カフェやコワーキングスペースなどに身を置いて、ブログ記事を書かざるを得ない状況を作ることをおすすめします。

自宅よりも集中してブログ記事を書けます。

それでもモチベーションが上がらないときは無理してブログ記事を書かなくていい

いくつかブログ記事を書くモチベーションを上げる方法を紹介しましたが、それでもモチベーションが上がらない場合は、無理して書かなくていいと思います。

無理をして雑で内容の薄い記事を書いても誰も得しないので、そのときはブログ記事を書くのを控えましょう。

自分の中で無理をせずに記事を書くのが一番です。

まとめ

今回紹介した方法で、僕はなんとかモチベーションを維持して、定期的に記事を書くことができています(数は少ないですが)。

ブログに対する思いは人それぞれなので、今回の方法が必ずしも有効ではないと思いますが、モチベーション低下でお悩みの方々への参考になれば幸いです。

関連記事