×

築地ワーカーがおすすめする東銀座・築地の麺処(ラーメン・つけ麺・中華そば)【随時更新】

2015年4月29日 ラーメン

築地にオフィスがあるので、平日のランチは東銀座・築地周辺で外食することが多いです。一人でランチとなると、なかなかお店に入りにくかったりしませんか?でも、ラーメン屋やつけ麺屋などは1人で食べに来るお客さんも多くて、比較的1人でも入りやすいですよね。

というわけで個人的におすすめする東銀座・築地の麺処(ラーメン屋・つけ麺屋・中華そば屋)を紹介します。
ここで紹介しているものの他にもおいしいラーメン屋はたくさんあるので、今後新たにラーメン屋に行ったら随時更新していこうと思います。

【おすすめのお店一覧】

※記載しているスープ、麺、味などは実際とは異なるかもしれませんのであしからず

築地 えび金

えび金特製そば

築地場外市場の端にある海老をメインとした中華そばです。店の外観が真っ赤で目立ちます。
店内に入った瞬間から海老の香りが際立っています。一杯に約50匹分の甘海老を贅沢に使用しており、とにかくめちゃくちゃ海老の味を楽しめます。チャーシューも鶏を使っていてあっさり味なので女性にもおすすめです。
麺の量は男性にとってはちょっと少なめかな~と感じるかもしれませんが、プラス120円で麺増量ができるのでそちらを注文するといいでしょう。

函館らーめん 船見坂

船見坂塩ラーメン

東銀座にある函館ラーメン屋です。大通りから小路に入ったところにあり、平日のお昼12時代にはサラリーマンで混みますが、13時ちょっとすぎると比較的入りやすいです。特製塩ラーメンを食べたのですが、塩なので食べやすいかと思います。ただ、人によっては少し塩分が強めに感じるかもしれません。食べてる途中で味に変化がほしかったら黒コショウ、唐辛子、すりおろしにんにくなどがテーブルに置いてあり、自由に使えるのでありがたいです。
ちなみに、塩ラーメンの他にも味噌ラーメンもありますので、お好きなほうをどうぞ。

銀座 いし井

いし井中華せいろ

魚介豚骨系のスープを使ったつけ麺、もとい中華せいろです。麺は太麺で、スープはドロドロではないものの、少し濃い目になっています。「いし井せいろ流儀」という中華せいろのおすすめの食べ方が壁に掲げられています。

まずは三分の一を何もかけずそのまま食べる麺

すだちを絞ってさらに麺の三分の一を食べる

黒七味をかけて最後の三分の一を食べる

こんな感じで食べるとおいしく食べられるようです。すだちのおかげで、最後までさっぱりと食べられます。
余談ですが、いし井の入り口の扉は立て付けが悪いのかめっちゃ重いです、気をつけて。

麦とオリーブ

麦とオリーブ特製鳥soba

テレビ番組でも取り上げられ、ミシュランにも掲載されるなどメディアでよく取り上げられているようで、いかにも最近のラーメン屋って感じです(個人的見解)。鶏SOBA、蛤SOBA、トリプルSOBAとそれぞれ使用しているスープがことなっており、味のバリエーションに富んでいます。

写真は特製鶏SOBAで、鳥取の大山鶏でとったスープに数種類の醤油をブレンドしたものを使用した濃い目の醤油ラーメンになっています。醤油の味が際立っており、甘みを感じておいしいです。僕は九州暮らしが長かったので豚骨ラーメンばっかり食べていて、醤油ラーメンを食べる文化が無かったのですが、醤油ラーメンもなかなかうまいと感じる一杯でした。

写真にもありますが、特製鶏SOBAを注文すると、別皿でトッピングが出てきます。通常の鶏SOBAだけでも十分具材が入っているのですが、もっと具がほしいという人は特製を頼んでみてください。また、調味料にエシャレットオリーブオイルが用意してあり、2~3杯入れると味が変化するので試してみる価値アリです。

自家製麺伊藤

自家製麺いとう肉そば中

大通りには面しておらず、あまり目立たない通りにあります。地上には看板だけが出ており、地下にひっそりと佇むお店です。もともとは東京都北区王子の方に本店があり、紹介するのは支店になります。

写真は肉そば(中)で、非常にシンプルな見た目ですが、一口食べると煮干しの味がガツンとやってきます。量は、「大・中・小」と3つ用ありますが、中サイズでも結構麺の量があるので、意気込んで大サイズを頼んでしまうと痛い目を見るかもしれません。

気をつけておきたいのは普通の中華そばはトッピングはネギのみでチャーシューが入っていません。チャーシューも食べたい!という方は肉そばを注文してください。

麺処 銀笹

銀笹ラーメン塩

東銀座でもかなり新橋よりの場所にあります。
大通りから少し入った場所にあり、あまり人目にはつかないものの、行列のできる人気店です。僕も平日のランチで訪問しましたが、行列のせいで諦めた経験があります。入り口にはメニューや食べ方、使用している食材が掲示されていてとても親切です。なんでも、店長の方が和食出身らしいです。

写真は銀笹ラーメン塩プラス角切りチャーシューです。魚介と鶏・豚を使ったスープで、あっさり塩味の中に強い旨味が溢れています。チャーシューも思ったよりかなり大きめで、鯛つみれがいい感じのアクセントです。女性が好みそうな味です。

ちなみに、ラーメンとは別に鯛飯を注文して、ラーメンのスープを出汁茶漬けのように鯛めしに注いで食べるのがおすすめのようです(僕はやったこと無いですが美味しそう・・・)。

久留米ラーメン 金丸

金丸

銀座一丁目に店を構える久留米ラーメンのお店です。平日13時過ぎに行きましたが、だいぶ空いていました。

いわゆるオーソドックスな細麺の豚骨ラーメンですが、こってりしすぎないスープで食べやすいです。
おすすめは写真の黒丸ラーメンです。器の奥の黒いものはマー油で、とても香ばしく味のアクセントになっています。辛子高菜、ラーメンコショウ、ゴマ、生にんにく(自分でにんにく潰し器を使用)が無料で置いてあるので、最後まで飽きずに食べられます。

もちろん豚骨ラーメンの定番である替え玉もあります。個人的には替え玉しなくても十分な量だと思います。

まとめ

いかがでしたか?
東銀座・築地周辺だけでも色々なジャンルのラーメン屋・つけ麺屋・中華そば屋があるんですね。
わりと有名どころばかりだったかもしれませんが、東銀座・築地方面に用事がある方は是非紹介したお店へ行って食してみてください。

関連記事