×

汁なし担々麺を食べていい汗かいてきた【自家製麺ほうきぼし神田店】

2016年3月21日 ラーメン

ほうきぼし外観

春分の日の振替休日(月曜日)に汁なし担々麺を提供している有名店「ほうきぼし神田店」へ行ってきました。

実は以前、ほうきぼしを諦めてカラシビつけ麺 鬼金棒(きかんぼう)へ行ったという経緯がありました。

約1年越しの望みを叶えることができました。

自家製麺ほうきぼしって?

ほうきぼしは東京都北区赤羽で2011年にオープンして以来テレビや雑誌などのメディアにも多数取り上げられています。

提供される担々麺の味もさることながら、弱冠18歳の女性店長がお店をオープンしたということも話題となり、都内の人気店として知られています。

ホームページを見てもお店としても汁なし担々麺がイチオシみたいですね。

JR神田駅からほうきぼしへ向かいます

神田駅西口

JR神田駅からほうきぼしへ向かいます。

神田駅は数年前まで駅の老朽化が進んでいてボロボロでしたが、最近では改装されてきれいになっていますね。

神田駅西口方面

JR神田駅西口を出て右へ進みます。

神田駅出て右方面

JR神田駅西口を右に出てすぐに線路沿いの道が見えるのでここをまっすぐ歩きます。

50mくらい歩くと、左手にお店が見えてきます。この写真と同じ構図の場所を見つければ、迷わずお店まで行けると思います。

ほうきぼし神田店に到着

ほうきぼし外観

ほうきぼし神田店に到着しました。黒と赤を基調にした外観で、この通りにある建物の中では結構目立っていました。

ほうきぼし提灯

ほうきぼしの提灯です。

店の外に券売機があるので購入してから店の中へ入ります。今回は汁なし担々麺(850円)の券を購入し、いざ入店。辛さや山椒の量を調整できるらしいですが、今回は調整なしで注文。

お店の中は細長くて、一番奥にテーブル6席くらいがあって、他はカウンター10席くらいありました(もっとあったかも)。

お店についたのが13時ごろでしたが、行列は無くスムーズに入れました。見た感じ結構客の回転率は高そうなので、多少行列があってもすぐに順番が回ってきそうです。

いざ入店

紙エプロン

こちらから言わずとも、店員さんから紙エプロンを提供してくれるのでありがたいです。麺を食べていると知らないうちに汁が衣服に飛びますからね。

調味料

調味料もいろいろ置いてあります。一番気になったのは左に見える大量の白いにんにくチップです。

汁なし担々麺ににんにくチップ入れたら、間違いなく美味いのでしょうが、次の日から仕事なので今回は泣く泣くにんにくチップは諦めました。

隣に座っていたおじさんがにんにくチップをかけていて、相当強烈なにんにく臭がしていたので、もしにんにくチップ入れるときは予定などを考慮しておきましょう

汁なし担々麺いただきます

汁なし担々麺

5分くらい待つと、汁なし担々麺が出てきました!

山椒の香りが漂ってきて、食欲をそそります。

具材としては肉みそ、もやし、ナッツ、揚げ麺、小松菜が乗っています。

これだけさほど辛そうではありませんが、麺と具材を混ぜてみると…。

汁なし担々麺よくまぜた後

麺と具材をしっかりとまぜると、こんな感じで丼の底に溜まっていたタレがよく絡み、赤く辛そうなビジュアルに変化しました。これでまた余計に食欲をかきたれられます。

中太麺

麺の太さは、中太麺くらい(少し平打ちぎみ?)で、太すぎず細すぎずいい感じに食べ応えがあります。

旨みを十分感じられる心地よい辛さなのですが、食べれば食べるほど顔中から汗が噴き出して止まりませんでした。

個人的には揚げ麺のザクザクした食感が良いアクセントになってるな~と感じました。

口直しのたまごスープ

口直しにたまごスープがついてきます。麺だけだと思っていたのでこれはちょっと嬉しい。

汁なし担々麺の濃い味で一杯になった口をさっぱりさせてくれます。

おわりに

噂通り、旨辛い汁なし担々麺でした。

ほんと、いい汗かけました。また今度来たいと思います。

店休日などの詳しい情報は下記の公式ホームページをご覧ください。

【自家製麺ほうきぼし神田店】

  • ホームページ【公式】:http://houkibosi.dip.jp/
  • 住所:東京都千代田区内神田3-19-9
  • アクセス:JR線 神田駅 徒歩1分
  • 定休日:2016年3月現在、ほうきぼし神田店では毎週日曜日になるとHOUKIBOSHI Beansという名前で普段と違ったメニューを提供しているようです。
  • 営業時間:(昼)11:00~15:00/(夜)18:00~23:00

関連記事