×

足を怪我した人へのお守りが買える「健脚の神さま」がいる神社【東京台東区:延壽寺】

2015年12月27日 雑記

友人が怪我をしまして。

スポーツをしているのですが、足の手術をすることになったんですね。何かしてあげられないかなーと色々調べていると、なんと足の怪我などにご利益がある「健脚の神さま」なるものがいるらしい。

「足」に限定とは、随分ピンポイントですよね。

お参りができる神社で有名な場所は、ほとんど京都でしたが、東京にも一か所あるのを発見。お守りも売っているとのことだったので、友人へ渡すために、その神社に行ってみることにしました。

東京谷中「延壽寺」~日暮里駅から向かってみる~

健脚にご利益があるという神社は、東京谷中という場所にある延壽寺

最寄り駅は、東京メトロ千代田線の「根津」駅ですが、その他千代田線の「千駄木」駅や、JR山手線の「日暮里」「鶯谷」「上野」、そして東京地下鉄南北線の「東大前」駅からも、それぞれ徒歩15分~20ほどで行けるようですよ。

延壽寺への行き方

日暮里駅を出てすぐ左。このような地図が設置されているので、自分がいる位置をまずは把握。

どうやらまずは、更に左に続く階段を上って道なりに進めば良いようです。

寺町・谷中の一丁目(行き方)

登ると住宅や売店がある細道に出ます。

健脚の神さま「神社」

道なりに行くと、霊園に突き当たります。墓地の中の大きな道を通っていくのがいいかと。

墓地の中の大きな道

この後は、、

写真を上手く撮れませんでした・・・非常に入り組んだわかりにく場所で、まっすぐ目的地に向かう事ができなかったのです(._.)

この霊園を抜けると、数多くの神社が密集するエリアに突き当たります。そのエリアの中をGooglemapを片手に、ジグザグと進んでいきました。

ノスタルジックな観光名所

谷中は寺町(てらまち)といわれる地域。数多くの神社と霊園に囲まれています。

東京都内でこれほどまで、神社と霊園が密集している地域は他にないため、観光名所として人気があるそうです。

東京に住んで生活していると、関わりが無い地域のため「谷中」の地名を知らない人がほとんどのように感じます。ただ、寺院が多く、昔懐かし街並み等がノスタルジックな雰囲気を醸し出し、外国人観光客を中心に大人気スポットとなっているようなのです。

ノスタルジックな観光名所

また、谷中・根津・千駄木の頭文字を取って、このあたり一帯を「谷根千(やねせん)」とも呼ばれます。

神社・寺院が多く、自然が豊か。坂や路地がたくさんあり、古い建物が昭和の雰囲気を残していることから、この土地が好きな人は日本人にも多いようですね。

知らなければ通り過ぎてしまいそうな小さな神社

神社の間を縫って歩き、やっと目的地の延壽寺に到着。

知らなければ通り過ぎてしまいそうな小さな神社です。

健脚の神(東京)延壽寺

なかもそれほど広くなく。

健脚の神さまについての説明書きなどがあります。足の健康にご利益がある神社というのは、間違いなかった。

ご利益

健脚の神さま

お守りを買うことができるという情報を聞いていたのですが、中には売店らしい場所は無く。。。少し戸惑ってあたりを見回していると、奥の建物から人が一人出てきました。

どうやらその建物の中に人がいて、来客に対応しているらしい。

入ると女性が出てきて対応してくれました。お守りを買いたい旨を伝えると、中から持ってきてくれました。

お守りの見た目はいたって普通。「赤」「紫」「緑」など、数種類の色の中から選ぶことができます。

目的地の延壽寺に到着

この方となんてことない世間話をして、軽くお参りをしてから、神社を後にしました。やはりわかりにく場所にあることから、訪れる人の多くは道に迷ってしまうようですね。向かう前に地図をプリントアウトするなどして、利用する駅からの道順を確認することをお勧めします。

足を怪我してしまった人。足の病気を患ってしまった人。もしくはマラソンなど走ることが趣味のランナーの人などに、健脚の祈りを込めてお守りを渡すと喜ばれるかもしれませんね。

そのような知人・友人がいる人は訪れてみてはいかがでしょうか

【延壽寺】

  • 住所:〒110-0001 東京都台東区谷中1丁目7−36 延寿寺
  • アクセス:東京メトロ千代田線の「根津」駅 徒歩で十分

関連記事