×

ハワイではじめての運転!レンタカー利用する為に知りたい5つの心得

2018年1月23日 ハワイ観光

ハワイ旅行では、ワイキキ周辺ですごすだけなら、バスやタクシーで十分。でもそれだけだと毎回ワンパターンになってしまいませんか?

オプショナルツアーを利用すれば、ワイキキから離れた場所のアクティビティに参加したり、オアフのローカルタウンを訪れたりできるかもしれません。でもやっぱり、自由に行動するなら自ら運転する「車移動」!レンタカーを借りて自由気ままなハワイ観光をしたいものです。

しかし心配になるのが”ハワイの交通事情”ではないでしょうか。日本とは勝手が違う環境で、万が一事故に巻き込まれるようなことがあれば大変です。そこで、知っておきたいハワイの交通ルールやマナー、基本情報についてまとめました。

知っておくべき6つの交通ルール

知っておくべき6つの交通ルール

出典:instagram.com

実は日本の運転免許を持っていれば、ハワイでも車の運転が可能。ただ、交通事情が異なる外国での運転は不安が大きいですよね。出発前には必ず現地の交通ルールや、行きたい場所への道順をしっかりチェックしていきましょう。

右側通行
左ハンドル車が主流で右側通行のハワイ。シフトレバーやウインカーの位置も日本車とは逆なので注意が必要です。運転中は車線の右側に寄りすぎないように心がけましょう

赤信号でも右折OK
「NO TURN ON RED」と書かれた標識が経っている信号以外では、赤でも右折OKです。右折前に一旦停止して、左右をしっかり安全確認するのを忘れないように!

一時停止看板
信号がない交差点で、一時停止を意味する「STOP」の下に「4WAY」と書かれた標識が立っていたら、最初に交差点で一時停止した車が優先的に進めます。

スクールバスの追い越しNG
スクールバスが赤いストップサインを出して停車していたら、追い越し禁止。中央分離帯がない道路では対向車も停車が必須です。

チャイルドシート&ブースターシートの義務
日本同様、4歳未満の子供はチャイルドシート、4~8歳未満はブースターシートの使用義務があるので必要ならレンタルをしましょう。

自足表示は「マイル」
時速表示はマイル(mile)で1マイル=約1.6km。メーターが「50」を差していたら時速80kmになるので注意が必要。日本の時速表示に慣れていると、勘違いしてスピードを出しすぎてしまう、なんてことも。看板の距離・時速もマイルで掲示されています。

レンタカーを借りるのに確認する3つのこと

レンタカーを借りるのに確認する3つのこと

出典:instagram.com

レンタカーは時間に縛られることなく自由に行動できるほか、大人数での利用なら経済的にもなるオススメな移動手段。空港やワイキキに複数のレンタカー会社と営業所があるので、はじめてでも利用しやすいはず。日本人観光客が多く利用するレンタカー会社で、希望の車種を選択し。楽しい旅行ををスタートしましょう!

事前予約

レンタカーは現地の営業所で直接借りることが可能ですが、希望の車種を確保したり、スムーズに手続きをおこなうためには、事前予約がよいでしょう。日本でHPから予約をしておけば、料金が割安なのに加え、ガス代などがセットになったプランもあってオトク。

日本から予約した場合は、予約確認書と日本の運転免許証および国際免許証を提出し、料金をクレジットカードで支払い。スムーズにレンタルすることができます。

手続きに必要なものは、
①日本の運転免許証
②クレジットカード
③国際免許証
④予約番号

空港到着後の流れ

空港に到着したら、空港の個人旅行者用出口を出てすぐ、正面にあるレンタカー会社共通の駐車場にあるカウンターへ。スタッフに予約番号と名前を伝え、各種保険や追記するオプションなどを選び、手続きを進めます。クレジットカードで決済したら完了!

車種とオプションについて

カップルや友達同士での旅行なら、リーズナブルで小回りのきく「コンパクト」がおすすめ。海外での運転に慣れていない人にも最適です。1日あたり53ドル~(ハーツレンタカーの価格)。

ただ、もっと豪快に自然を満喫したい!という人には「コンバーチブルタイプ」をレンタルしましょう。海沿いの道や広々としたローカルのハイウェイを走る爽快感は格別です!1日あたり223ドル~(ハーツレンタカーの価格)。

レンタルの際につけることができるオプションサービスも人によっては検討したいところです。レンタル料と車両損害補償制度にくわえ、任意保険、税金・車両登録料・施設使用料、ガス代をパックにしたおトクなプランがあります。また、日本語音声に対応した「カーナビ」や24時間通訳サービスなども用意されていて、海外での運転に慣れていないドライバーの強い味方になってくれるので、不安な人はチェックしてみて。

ハワイの駐車場3つのタイプ

ハワイの駐車場3つのタイプ

出典:instagram.com

コインパーキング
駐車スペース後方や道路沿いに設置された機械に、利用する時間分のコインを投入。25セントで20分、10セントで8分、5セントで4分間駐車することができます。

バレーパーキング
ホテルや高級レストランを利用する際に、玄関口で係員がキーを預かり、車の出し入れをしてくれるシステムの駐車場。駐車料金に加えて、係員へのチップとして1~3ドルほど必要でしょう。

バリデーションパーキング
併設施設での飲食や買い物に応じて駐車料金の割引チケットがもらえる駐車場。大型ショッピングセンターなどに多く、駐車料金は時間単位で支払うシステムです。

ハワイのガソリンスタンド利用の流れ

ハワイのガソリンスタンド利用の流れ

出典:instagram.com

ハワイのガソリンスタンドはセルフサービスが基本です。給油口が車体のどちらにあるかを事前に確認しておき、適した方向で乗り入れます。陽気なハワイの従業員はおしゃべり好きが多く、給油タイム中はレジ担当者との会話も楽しめます。

給油の流れは以下の手順

1.車を停めてキャッシャーへ
使用する給油ポンプ番号を確認。店内レジで前金を払いましょう。クレジットカード支払いならポンプの読み取り機にカードを挿入。

2.ノズルをはずす
無鉛のノズルを外し、ノズルが置かれていたレバーを引き上げオンに。ノズルを給油口の奥まで差し込む。

3.給油スタート
ノズルのグリップを強く握り、給油開始。メーターを確認しながら、必要な分だけ注入しましょう。終わったらノズルを戻す。

4.清算
終了後、再びレジへ。給油ポンプ番号を伝えて生産。カードが利用できるスタンドならポンプでの機械操作のみで終了です。

ハワイでの事故や保険について

万が一事故にあったら、まずは車を路肩に停めて安全確保。負傷者の救助を優先しつつ、警察・救急車に事故発生の通報をしてから、レンタカー会社にも連絡しましょう。警察官から所定の用紙が渡されるので、24時間以内に事故報告書の記入をしなければなりません。

ハワイでは対人、対物の保険に自動的に加入する仕組みですが、補償内容が低いので任意保険にも加入しておくのが安全です。

保険の種類には、レンタルしている車が、破損したり、盗難にあってしまった場合に、契約書の支払義務を免除してくれる「LDW/CDW」や、損害をカバーしてくれる「PEC」、契約者および同乗者が負傷した場合に規定の金額が支払われる「PAI」、対人対物の補償限度を大幅にアップする「LIS」などがあります。

まとめ

安全運転でドライブすれば、楽しい旅の思い出も増えること間違いなし!そのためにも、ハワイの交通マナーやルールをしっかりと把握。もしもの時の備えにも対応できるよう

関連記事