×

分厚い皮からは想像できない甘さ!庭でとれたスイートスプリングがなかなかイケる

2016年1月17日 食品レビュー

スイートスプリングアップ

先日、九州の実家から色々と食料品を送ってもらったのですが、スイートスプリングという柑橘系の果物が入っていました。

今回送られてきたスイートスプリングは、家の庭に種をまいてたら勝手に育っていたものらしいのですが、食べてみたらなかなかの味だったのでご紹介します。

送られてきた大量のスイートスプリング

大量のスイートスプリング

スイートスプリングは20個くらいダンボールいっぱいに入っていました(画像は半分くらい食べた後です)。

スイートスプリングって?
上田温州みかんとはっさくを交配した柑橘類の一つ。
皮が厚く、一見酸味が強そうに見えるが、甘みが強くてさわやかな風味がある。
収穫時期は11月~2月で、名前にはスプリング(春)が入っているが冬の時期の果物。

スイートスプリング収穫量・出荷量を見ると、ほとんど九州で出回っているようです。

皮がとても分厚い

スイートスプリングサイズ感

普通のミカンよりも一回り大きいくらいのサイズ感です。
11月ごろに収穫したものだと外皮の色はまだ青いのですが、送られてきたのが1月ごろだったので、外皮の色がオレンジになっており、割と熟した状態でした。

スイートスプリング手でむけないくらい固い

いざ食べようとしますが、皮がクッソ硬い…。

手でむくのはちょっと無理そうなので、包丁でカットします。

予想以上に甘いスイートスプリング

包丁でカットした断面は意外にもオレンジ色が強くて、なんだか甘そうです。

1個のスイートスプリングを4つにカットします(画像は2個分)。
(自分が食べやすいように切って食べてください。)

画像を見てもらうと、ジューシーさが伝わると思います。

カットしてしまえば、後は簡単に皮をむくことができます。
果汁が多いため、皮をむくときにまわりに飛びやすいので気を付けましょう。

肝心のお味は…めちゃくちゃ甘い!

さすがスイートという名前がついているだけあって、裏切らない果汁の甘さ。

はっさくのような食べごたえで、味は温州みかんの甘さが広がって、まさにはっさくと温州みかんのいいとこどりです。

個人的には、薄皮をむくのがとても面倒なので薄皮はむかずにそのまま食べるのがおすすめです。

薄皮には食物繊維が含まれているし、薄皮でも十分おいしくいただけます。

庭で育ったやつでも十分イケる

今回食べたスイートスプリングは、プロではなく素人が育てたものでしたが、それでも十分美味しいものでした。

東京ではスーパーや青果店ではあまり見かけませんが、ネットで探せば購入もできるみたいです。

興味あったらぜひ食してみてください。

関連記事