×

池袋駅周辺に引っ越し!初期費用を10万円は実現可能か??頑張ってみた

2015年9月6日 雑記

前回一人暮らしに最適な街はどこなのか、ネット上で公開されている人気ランキング情報をもとに考えてみましたが、結局池袋駅周辺に引っ越すことを決めました。

理由は「会社のオフィスが池袋だから」

人気ランキング全く意味ない。

池袋で引っ越し

住む街を決めてしまえば、あとは不動産会社に家賃等の条件を伝えて、紹介してもらった物件を内覧して決める。ただそれだけのこと。不動産屋に身を任せれば今日明日中にも新しい住みかが決まる。そう思ったのですが。

ここにきて物件探しのネックとなる問題に気が付きました。

ワタシ、オカネ無い…

池袋駅駅周辺で初期費用10万円以下の物件探し

引越しと言えば何かとお金がかかります。

仲介手数料に前家賃、鍵交換費、保険、敷金・礼金。

一人暮らしのワンルームなので家賃等はそれほど高くないのですが、どんな物件を選んでも引っ越しをするには、20万円前後かかってしまうのではないでしょうか。

それを今回極限まで初期費用を抑えることを目標として、物件探しをすることに決めました。その額10万!

今回の物件探しの条件は下記です。

・初期費用10万円以下
・池袋駅徒歩10分圏内(特に南池袋・西池袋希望)
・家賃は6.5万以下

これまた無茶な要望です。

池袋駅周辺で6.5万円以下の物件自体それほど多くないのに、それが初期費用10万以下とかありえません。

ネット上や不動産会社の看板でたまにみかける「初期費用10万円以内」の文字。

その多くは、なんかしらの理由があってキャンペーンとして売り出しているか、もともと相場が安い地域の物件などがほとんど。池袋でそれを探すのは難しいチャレンジになる覚悟はしていました。

ただ、なんとなく1,2件くらい見つかるのではないかという希望も持っていました。理由としては池袋の西口らへんを歩いていると「初期費用分割可」「お水系の商売の人応援」「保証人不要」等、土地柄ちょっとユルい人たちに適した物件が多そうだったから。

池袋の物件

不動産屋1件目

西口を出てすぐの不動産屋にGo

綺麗めなオフィスには従業員の方が2名いて、すでにお客さんの相談を受けています。

予約をせずに行ったため、すぐには対応してもらえず。条件等を伝えて探してもらい、後ほど再度連絡をもらう約束をして店を出ました。

簡単に希望を聞いてくれた恰幅の良い店長さん。彼が「池袋で6.5以下は少ないけど…でもあると思いますよー!調べて後ほど連絡します!」という前向きなお言葉をいただき、希望が持てました。でもその後連絡は来ませんでした。無いならないと連絡しろ。

不動産屋2件目

少し歩いて立教通り方面にある不動産屋に。

入ったらお客さんは一人もいなく、従業員の方3名が一斉ににこちらを見ます。土曜日なのにお客さんいないんですね暇そうです。

3名とも愛想は良いのですが、色黒でイケイケなお兄さんたち。一番苦手な不動産のタイプです。チャラくて体育会系の不動産屋って苦手です。

一通り調べてくださり、家賃3.6万の風呂なしの物件をご紹介いただきました。

ごめんなさい、それは無理である。

不動産屋3件目

3件目は、北口の大人な街の外れにある不動産屋にGo

若い新卒風の従業員の方が一人。お客さんは0。

条件を伝えると、一通り初期費用10万円の物件を池袋で探すことの難しさを語られました。そんなん知ってんねん。

無いようなので、「もし見つけたら連絡ください」とだけ伝えて出てきました。

物件探し2日目

前日全く見つからず、覚悟はしていたものの、やっぱ無いよね感に打ちひしがれて疲れました。

2日目は条件の物件を頑張って探すモチベーションは非常に低く、どこかの部分で妥協する覚悟をして違う不動産屋に向かいました。

エリアを広げるのか…もう10万円という条件を無くすのか…じゃあいくらまでだせるんだい自分…

しかしあったんです!そこに!

初期費用8万2千円!

仲介手数料と保障会社費用が大家負担という聞いたことない謎の大サービス。契約者は前家賃と保険のみでオッケー。住所は西池袋。家賃6万5千円。

いや、あきらめずにチャレンジしてみるもんですね。



不動産屋は何軒か回ってみた方がよい

最近では不動産情報はコンピューターで管理しています。それは各不動産会社で持っているわけではなく、どこの不動産会社であっても情報を共有して管理しており、紹介してくれる物件に差異はほとんどありません。

ただ、稀にあるんです。

大家と密にコミュニケーションを取っているから交渉ができる物件とか、初期費用をおさえるためにパック販売をしている不動産会社が通常と違う料金体系で提案してくれたり。

池袋駅周辺で初期費用10万円は、絶対というほどありません。あっても風呂なしボロアパートとかだけでした。

ただ、今回のケースでは、大家がとにかく部屋を埋めたいからという理由で出していた超レアケース。

仲介手数料と保障会社費用を大家負担とかスペシャルな条件なのに、それは目立たなく書いてあって、違う不動産会社で見積もりを出してもらった時は間違った15万円くらいの金額を出されました。まじちゃんとやってほしい。見落とすところだった。

池袋で物件探し

物件探しって色々辛くないですか?

無駄に時間かかって、内見するとき担当の人と一緒に物件観に行く時間とか苦痛です。人見知りなので話すのもつらいし、散々お互い気をつかって内見した後に、契約せずにオフィスを出るときの気まずさ。

無駄に疲れます。

でもなげやりにならないでください。

一度決めたらそうそう変えることができないのが物件選びです。今回の経験のように、超レアケースに出会えるケースもあるので、不動産屋は何件か回って、掘り出し物が出てこないか根気強く探してみましょう。

関連記事