×

まさにうにづくし!「築地虎杖うに虎喰」

2014年12月25日 グルメレポート

海鮮ひつまぶし

いろいろあって、懐が暖かくなったので、ランチで同僚と築地虎杖うに虎喰へ行ってきました。
お店の名前は「つきじいたどりうにとらくらう」です。読めましたか?。

平日の13時ごろに店に到着。2階のテーブル席へ向かったのですが、お昼のピークは過ぎていたようで、待ち時間は2~3分くらいでした。感覚としては、平日13時30分くらいに行けば比較的空いていると思います。

うに虎喰という名前だけあって、メニューはうに丼がメインで、うに寿司とかうに単体でも注文できるみたいです。取り扱っているうににはA~Eランクがあって、Aが最安でEに近づくほど値段が高くなります。

  • A:中国産(蒸したやつ)
  • B:中国産(生)
  • C:カナダ産
  • D:北海道(どこか)
  • E:北海道(どこか)

こんな感じで今回は中国産、カナダ産、北海道産のうにを仕入れていました(日によって違うのかな?)。隣のお客さんがA~Eのうにが全て入ったうに食べ比べ丼を頼んでいて、「Eのうにが圧倒的に美味い」という声が聞こえてきました。Eのうには少々値が張りますが、それに見合うおいしさのようです。

さんざんうにの話をしましたが、「うにだけだと物足りないかな…」と思ってしまったので、海鮮ひつまぶし(うに増)を注文しました

ちなみに海鮮ひつまぶしは別店舗の虎杖でも食べられるんですよね。それなら、わざわざうに虎喰に来なくてもよかったんじゃ…というのは無しですよ。

肝心の味はというと、評判どおり美味でした!
中くらいのおひつででてきたのですが、海鮮ひつまぶしにはおすすめの3段階の食べ方がありました。

  • 1.半分くらい普通に海鮮丼として食べる
  • 2.レンコン、タケノコ、シイタケとかを刻んで甘く味付けしたやつを混ぜてさらに半分食べる
  • 3.2を食べ終わる直前に出汁を頼む。最後は出し茶漬けにして食べる

うには新鮮で甘く、生臭さもありませんでした。3段階食べ方があるおかげで最初から最後まで違う味が楽しめました。量もちょうどいい感じでした。

次ぎ来るときはうにこぼれ丼を食べてうにを堪能しようと思います。

築地でハンバーガーを食べる!?

【うに虎喰】

  • 住所:東京都中央区築地4-10-14加藤市場
  • アクセス:都営大江戸線「築地市場駅」A1出口より徒歩1分、東京メトロ日比谷線「築地駅」1番、2番出口より徒歩1分
  • 定休日:なし
  • 営業時間:9:00~22:30

関連記事